バルジ領域にレーザーを照射して無痛脱毛

バルジ領域にレーザーを照射して無痛脱毛

 

 

現在、ヒゲ(口ヒゲ・ほおヒゲ・あごヒゲ)の処理は、
男性の場合、カミソリか電気シェーバーでそります。
このとき、痛くはないが、夕方になるとすぐ生えてくるので毎日そらないといけないのが問題です。

 

出勤前の忙しい朝、「ヒゲをそる時間を別のことに使いたい」と考える男性も少なくないのです。

 

そこで、エステサロンで脱毛ということになります。

 

現在、男性のヒゲを脱毛するにあたり優れた方法が医療レーザー脱毛です。

 

レーザー装置を使い医師が施術する方法です。
1990年代に入り、レーザーが脱毛に使えるようになりました。

 

そして、つぎつぎと新しい手法が現れて、現在では二度とヒゲが生えないレーザー脱毛も現れています。

 

では、最新の医療レーザー脱毛とは、どんな手法なのか。

 

使用するレーザー光は、毛のメラニン色素に吸収されやすいもの(ダイオードレーザーなど)です。

 

そのレーザー光を照射することで毛穴の奥にある、毛を作り出す「バルジ領域」にダメージを与える方法です。
近年になって、バルジ領域で毛因子が作り出されることがわかりました。

 

そこで、毛根(毛母細胞)までレーザーを照射する必要はなく、
皮脂腺のすこし下にある「バルジ領域」までレーザーを照射すればよいことがわかったのです。

 

つまり、最新のレーザー脱毛が従来と異なる点は、照射のターゲット領域にあります。

 

このバルジ領域に約65度という従来のレーザー脱毛に比べて低い温度のレーザーを照射することで
少ない痛みで脱毛しようというものです。

 

従来の毛根照射型の場合、激痛でした。

 

このように、美容に気を使う男性が増える一方で、美容絡みでトラブルとなる例があります。

 

国民生活センターには、男性の美容やエステサービスについてのトラブルが報告されています。
厚労省は「レーザー脱毛には医師免許が必要」とする通達を出しています。

 

専門の医師は「何か事故あった場合に備え、医師がいるエステサロンの利用を勧める」と話しています。
こうして、国民生活センターは「安心できる施設かどうか、事前にしっかりと調べる必要がある」と注意を喚起しています。

 

 

全身脱毛ならシースリーがお得

 

全身の脱毛を考えているなら、脱毛サロンのシースリーをお勧めします。
シースリーの良い点は、まず全身の脱毛が完了するまで通い放題だという点です。

 

脱毛サロンによっては、まだ満足できるほど脱毛できていないのに
規定の回数が終わってしまい、追加料金が必要になる場合がありますが、
シースリーなら月額7000円で回数の制限がありません。

 

他社で回数制限なしの場合は、月額12000円以上、
回数制限ありの場合も1万円前後という料金体系の中、
この値段でこのサービスは破格だと言えます。

 

また、全身脱毛と言ってもパーツ分けが大雑把で、とても全身とは言えないサロンは多々あります。
シースリーでは、腕やワキ、ひざ下、背中などの代表的なパーツはもちろん、
おでこ、もみあげ、乳輪周り、おへそ周り、足の甲など、細部にわたるまで
全身53か所がまるごと脱毛できます。

 

また、1度に数ヶ所しか処理できないサロンも多い中で、
最新式の設備により、最短45分、1回で53か所全ての脱毛が可能です。

 

内装も高級感があり、ドレッサーやクローゼットも完備で
ホテルの1室で美容エステを受ける感覚で通うことができます。