襟足もちゃんと脱毛してる??

コロリーの料金プランはコチラ
脱毛ラボ 料金プランはコチラ

 

 

襟足もちゃんと脱毛してる??

 

「襟足」の範囲はどこまで?

 

みなさん襟足の範囲をご存知でしょうか。
襟足脱毛をする場合、エステやクリニックによって少し範囲に違いがあります。
大体の範囲ですと襟足の範囲は耳から首の後ろにかかるところあたりなります。
基本的に髪の毛側の上の方の襟足は希望に沿った脱毛をすることが可能です。

 

そして襟足の下の部分は、背中との境目の部分まで脱毛することが可能です。
もしそこまで全部脱毛した場合には、いつ髪の毛をアップにしても大丈夫な美しいうなじを手に入れることができます。

 

自分では見えない場所なので、手入れ等も他の場所と比べて難しいと思います

 

とはいえ、お手入れをちゃんとしていないとすぐに毛が渦巻いたり、変な箇所だけ伸びていたりします。
人に見られたら結構恥ずかしいですよね。

 

襟足脱毛をしてそんな不安を解消してしまいましょう。

 

 

襟足もちゃんと脱毛してる??

 

襟足脱毛を始める前に形を決めておこう
襟足脱毛をするときに最初に考えるのはやっぱり「どんな形にするか」ですよね。

 

自分から見えにくい部位なだけに、誰が見ても綺麗な、
違和感のない形にしたいという気持ちが強いのではないでしょうか。

 

襟足というのはただ真横に脱毛してしまえば良いというわけではありません。
それだと少し不自然な感じになってしまいます。

 

それではどんな形がよいのかというと、理想の襟足の形としては「W型」とされています。
Wの下の方は少し毛を残しておくとより自然できれいな襟足を作ることができます。

 

とはいえ自分の好みもあると思います。
「W型」でなくともきれいな形は存在するので、自分でいろいろ種類を調べてみるのもよいでしょう。

 

よほど独特な形でもない限り、希望の形にしてくれると思います。
脱毛する前にしっかり相談して、理想の形を手に入れましょう。

 

 

襟足 自己処理のリスク

 

さて、襟足の処理は自分で見ることができません。

 

ほかの箇所と比べて自己処理が難しくなるのは仕方がありません。

 

自分でやっている人はわかると思いますが、なかなか思った通りの形にできないと思います。
それに剃り残しをしてしまうと見栄えの悪い仕上がりになってしまうこともあります。

 

誰かにやってもらえる環境があれば話は別ですが、そうでない場合は苦労しますよね。

 

とくに結婚式やイベントなどでドレスや、髪をアップにするような日は自己処理をお勧めできません。
そういった心配がなくなるという意味でも、脱毛は選択肢の1つとして有力といえるでしょう。

 

 

髪の毛は脱毛できない理由とは?

 

さて、どうして髪の毛は脱毛できないのでしょうか。

 

じつはこれにはちゃんとした理由があります。

 

基本的に脱毛の対象となるのは「産毛」なんだそうです。
産毛と通常の毛では、「毛質」が全く変わってきます。
これは脱毛サロンでも医療クリニックでも同じ基準となります。

 

髪の毛と判断された毛は脱毛することができないのです。
仮にうなじの範囲内の毛でも、毛質が髪の毛であれば脱毛はできないそうです。

 

これには「やってはいけない理由」と「できない理由」の両方があります。
とくに問題なので毛の長さよりも濃さが原因といえるでしょう。

 

まず光脱毛は黒いものに反応します。髪の毛の濃さは非常に高く、
脱毛器が反応しすぎてしまい焦がしてしまうリスクがあるのです。
髪の毛は細くて、脱毛器の照射する範囲は狭いので火傷をしてしまうリスクが高くなってしまいます。
そういった危険性があるために脱毛することはできないのです。

 

 

襟足脱毛 必要な回数

 

襟足脱毛は何回する必要があるでしょうか。

 

少しでも早く脱毛完了させたいのはみなさんそうでしょう。
これには個人差が大きく関係するので一概に断定はできません。
しかし平均的には12回前後で完了する方が多いとされています。

 

効果実感のタイミングとしては5回か6回だそうです。エステによっても変わってきますが、
大体の目安としては参考にして良い回数といえます。

 

 

襟足脱毛のメリット

 

もうお分かりいただいたかもしれませんが、襟足脱毛をすることで得ることのできるメリットは大きいです。

 

いつどんな場面で襟足を見せるときがあっても、きれいなうなじを見せることが可能となります。

 

ただし、満足のいく脱毛をするためにもしっかりとカウンセリング時にどんな形にしたいのか、
絶対に処理してほしい部分、もしくは残してほしい部分、どれも確認しておくようにしましょう。

 

上記でもでも説明しましたが、「髪の毛」とされる毛は脱毛することができません。

 

 

 

しかしどれが髪の毛でどれが産毛かというのは素人にはなかなか判断がつきません。
なくしたい箇所が髪の毛と判断される毛だったら、時間とお金の無駄になってしまいます。
そこは気を付けたいところです。とはいえ、いざ脱毛が始まればあとは通うだけです。
面倒で不便な自己処理ともおさらばできます。