お金をかけずに体毛を薄くする5つの習慣

コロリーの料金プランはコチラ
脱毛ラボ 料金プランはコチラ

 

 

お金をかけずに体毛を薄くする5つの習慣

 

お金をかけずに体毛を薄くするには?

 

「体毛を薄くする方法はないですか?」とよく相談されます。
特に女性であれば、体毛が濃いと
男性にひかれてしまう事も多いとか。。。

 

もちろん脱毛をするのが一番早い解決策になりますが、
普段の生活習慣で体毛を薄くできれば、
悩みが1つ軽減されて、毎日の生活がグっと楽しくなるはずですよね!

 

今回は、「体毛を薄くする5つの習慣」について説明させていただきます。

 

生活習慣だけでも体毛を薄くする事ができますので、
毛深さでお悩みであればぜひ参考にしてください♪

 

毛深くなる原因は?

 

遺伝的に毛深いの方に関しては生活習慣で防ぐのは難しいですが、
ホルモンバランスが崩れた事により、
毛深くなっているのであれば改善の余地があります。

 

というのも、ストレスが蓄積される事により、
男性ホルモンが活発になってしまうからなんです。

 

女性の体内でも分泌される男性ホルモンが活発になると、
体毛が濃くなってしまいます。

 

ひげが生えてしまったりする女性も・・・。
最近女性の「オス化」が何かと話題になっていますよね。

 

さらにこのストレスだけではなく、女性ホルモンの乱れに影響を与えてしまうは、
急激なダイエットなども影響を与えてしまいますのです・・・。

 

えぇ!?そう驚く方も多いのですが、
今回はこの原因を根本から改善する5つの方法をお伝えします♪

 

体毛を薄くする5つの方法

 

1、食生活の見直し!和食のススメ

 

近年、日本人の食生活が欧米化している事により、
肉や乳製品中心の食事を続けていると、
動物性たんぱく質や多くの毒素を体の外に排出しようと毛穴が大きく開いてしまいます。

 

毛穴が大きくなってしまうことにより、
そのまま生えてくる毛も太く濃い毛が生えてきてしまいます。

 

このように食生活が大きく体毛へ影響を与えてしまうのです・・・。
まずは食事の見直しから始めてみましょう!

 

2、毛はできるだけ剃らない方がいい!

 

自己処理でカミソリなど使っている方は要注意です!
毛を剃ることにより毛の断面が斜めに広くなり面積が増えます。
そのため濃く見えてしまうのです。
更に毛の流れに逆らって剃ったりすると肌にダメージを与えてしまいます。
できるだけ自己処理はしないほうが得策といえます。

 

3、女性ホルモンを活性化させる!

 

大豆類に含まれるイソフラボンですが
これは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、
女性ホルモン自体の活動を助ける効果が大きく期待できます。
ですので豆乳や大豆類を食生活にどんどん取り入れていく事をおすすめします。

 

4、ストレスを発散させる!

 

ストレスを貯めこんでしまうと男性ホルモンの
アンドロゲンという成分の働きが活発になります。
ストレスを発散していかないとどんどん体毛が濃くなっていってしまうのです・・・。
ですのでジムで体を動かしたり、カラオケでも些細なことでも
ストレス発散していくようこころがけていきましょう。

 

5、紫外線や冷気など体への影響がないように気を使う!

 

紫外線による刺激や、肌を冷やしてしまう(冬場に生足など)
と肌を守ろうとする自己防衛本能が働き体毛を濃くしようと体の機能が働いてしまいます。
特にこの時期はとても寒いのですが、体を冷やさないように徹底してくださいね。

 

まとめ

 

多くの女性が抱える脱毛の悩みですが、

 

一番手っ取り早いのは脱毛サロンや、クリニックで医療脱毛をする事が近道です。
エステやクリニックってすごく高いんじゃないの?と思われていますが、
今は価格もリーズナブルになってきているため、
高校生からでも脱毛を始められる方がどんどん増えてきています。

 

皆様、それぞれ毛深さに対する悩みの強さはそれぞれですので、
自分に合う解決方法を見つけることが一番だと思います。