MENU

子供のいじめ調査・いじめ対処法について解説します。

子供のいじめ調査・いじめ対処法について解説します。

子供のいじめ調査・いじめ対処法について解説します。

 

最近の子供のいじめは深刻です。

 

親にも先生にも誰にも助けてもらえず、いじめられる子供が、巨額の恐喝をうけたり
傷害事件、自殺にまで発展する深刻なケースも少なくありません。

 

こういった案件に対して学校は何もしないばかりか、むしろ隠蔽しようとする傾向にあります。

 

『いじめを訴えても先生も誰も助けてもらえない。』
そう思った子供は、いじめられていることを隠すようになります。

 

いじめられる側は1人の場合が多いのですが、いじめる側は次第に人数が増えていきます。
実際、クラスのうちの1人がクラスメイトほぼ全員からいじめられていたってことがあります。

 

つい先日、九州のある高校では、学校の教師がクラスの生徒から暴力を受けていたことを隠して
動画がツィッターで拡散され発覚した事件も記憶に新しいですよね。

 

とにかく学校側は、いじめを認めることが恐ろしいのです。

 

なぜなら、いじめが発覚することで、教師や校長は社会的な信用を失う場合が多く、
最悪、その地位を失う場合だってあるからです。そうなると退職金だって危ないですよね。

 

退職金が減額されるならまだしも不祥事で引責辞任の場合
減額だけで済まない場合だってあります。

 

学校側はいじめが凶悪であればあるほど、とにかく早く卒業してほしい!
それだけを願いながら、何も起きていないフリをするのです。

 

いじめに対して消極的な学校の場合、多くの親は自分の子供のいじめに対して、
何も知らされずにいるので解決どころか、子供の現状さえわからない場合も多いのです。

 

そんな時、あなたは親として自分の子供をしっかり守ることができますか?

 

きちんと証拠を集め、誰が、どのようないじめをしているか
動かぬ証拠を集めて、学校にいじめがあることを認めさせることができますか?

 

親だってただの人間です。
自力でいじめを解決しようとしても出来ることには限界があります。

 

そこで、このページでは子供のいじめに対しで、親がどのような手順で対応すべきかを解説します。
この手順を間違えると大変なのでしっかり確認してくださいね。

 

 

1,まずは学校の担任に相談する

 

子供がいじめに遭っている疑いがあるならば、
まずはじめに担任の先生に相談してください。

 

この順番をいきなり飛ばして、最初から警察だと事を荒立てるのは止めましょう。
いじめの事実を学校が把握しているかどうかを確認せずに事を大きくすると後々面倒です。

 

学校の体質がしっかりしていてで、担任の先生が熱心にいじめに対処してくれた場合、
ここで大体のいじめ問題は解決するのです。

 

しかし、そうではないケース多いのも事実です。
もし、担任の先生や学校が動いてくれなかった時は、
今度は親が子を守るための行動を起こさなければなりません。

 

2,学校や相手の親は何を言ってくるかをしっかり把握しましょう。

 

学校や相手側が事実を認めない場合、たいてい言ってくることが、
『証拠を持ってこい!』ということです。

 

当然、学校側は「証拠がないと動けない」と言います。
そして相手の親は「うちの子がいじめた証拠はあるのか?」と逆ギレします。

 

最近では『モンスターペアレント』という言葉があります。
学校に対して無理難題を要求する人たちですが、
この人たちと同じくくりで対応されてしまってはいじめの解決からは程遠くなってしまいます。

 

3,確実な証拠さえあれば、学校側は動かざるを得ません。

 

しかし、確実な証拠さえあれば学校側の態度は180度変わります。

 

担任も校長先生も教育委員会もしっかり対応しなければ
自分たちに火の粉がかかってきますので当たり前ですよね。

 

別に証拠に納得して正義のために動くわけではありません。

 

証拠があるのに何もしなかったとなると、マスコミやPTAに非難されるでしょうし
今まで自分たちが築いてきたキャリアを喪失する危険が出てくるから動くのです。

 

「いじめに対して学校は最善を尽くした」という事実を残そうとするのです。
つまり自分たちの保身が最大の動機であるわけです。

 

そうなってくると相手の親は、人が変わったように平謝りしてきます。
自ら示談を申し入れてくることも多いです。

 

警察沙汰になって場合の子供の将来を心配してお金で解決しようとするのです。
内容が事件レベルだった場合、証拠があれば警察も即座に動いてくれます。

 

確実な証拠さえあれば、すべてが一変するのです。

 

だが、その証拠をどうやってつかむのか?

 

たいていの場合、親の顔はいじめた側に顔がバレていますから、様子を見ている時にいじめたりしません。
その代わりに親の姿が見えなくなった時に激しい報復をします。

 

そもそもそういう時間も取れないのが普通だし、素人が尾行なんかしてもすぐバレます。
そこで注目されるようになったのが探偵です。

 

探偵に「子供見守り調査」をお願いする。

探偵の「子供見守り調査」とは?

 

放課後などに子供がどこで何をしているのか、尾行して写真記録します。
どんな友達がいて、どんな遊びをしているのか、記録します。
プロの探偵はチームで動き、子供たちに観察されていることを悟られずに、
克明に記録を取ることができます。
写真は個人が判別できる顔が鮮明に映った物を撮るので、
最悪は裁判になっても証拠能力を持つ水準です。

 

素人では絶対できないレベルの写真証拠を揃えてくれます。
いじめが犯罪レベルに達していた場合、
調査報告書という証拠があれば、警察も即座に動いてくれます。

 

お勧めの探偵事務所はコチラ
原一探偵事務所

 

子供のいじめ調査・いじめ対処法について解説します。

子供のいじめ調査・いじめ対処法について解説します。

 

 

子供のいじめ調査・いじめ対処法について解説します。

子供のいじめ調査・いじめ対処法について解説します。