MENU

新潟県神林村男子中学生自殺事件 【NEVERまとめ記事より転載】

2006年、新潟県岩船郡神林村(現・村上市)の村立平林中学校において、ズボンを脱がされた男子生徒がその後自殺した事件。
当時の文部科学省の定義ではいじめだと認定するのが困難な事件であり、様々な問題点が浮上した。
同校では、ふざけてズボンを下げる遊びが流行っていた。
同級生にズボンと下着を女子生徒がいる目の前で脱がされるといういじめの被害を受けていた少年がいた。
担任教諭が沈んでいる理由を尋ねても、「魚が釣れないから」などとはぐらかし、「大丈夫」と答えた。
一緒に下校した友人3人には別れ際「死にたい」と漏らす。
夕食後行方不明となっていた男子生徒が自殺しているのが発見された。遺書はなかった。
調査委員会は「いじめ自殺には当たらない」とする報告書を提出。同校では生徒間のズボン下ろしが流行しており、
男子生徒も仲良しの同級生にズボンを下ろされていた点や、
男子生徒が継続して一方的にからかわれたという事実が認められないという点などからいじめを否定した。
ズボンを脱がした点については、日常的なからかいだったとし、それを深刻に受け止めた事が原因で
「衝動的」に自殺に至ったとした。