MENU

滝川市立江部乙小学校いじめ自殺事件 【NEVERまとめ記事より転載】

 

北海道滝川市の滝川市立江部乙小学校に通っていた小学6年生の女児がいじめを苦にして自殺した事件。
2005年、遺書を残した上で首吊り自殺を図った。その時一命は取り留めるものの、回復することなく死亡した。
教育委員会は聞き取り調査を行い、いじめは無かったと結論した。
2006年9月、遺族が新聞社に遺書を公開。
教育委員会はマスコミに対しては女児の遺書について「遺書ではなく『手紙』である」と回答した。
その後、教育長が辞職した。

 

・性的魅力がないと中傷
・彼女に近づかないなどの嫌がらせ