MENU

頭頂部の自毛植毛について

日本人の薄毛のケースのうち頭頂部のてっぺんが薄くなるケースはとても多く、
AGA(男性型脱毛症)の典型的な症状の一つです。

 

頭頂部の自毛植毛について

 

年を取り続けることでAGAを発症すると抜け毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)という
活性型男性ホルモンが活発に活動し、頭のてっぺんや生え際などの髪の毛が薄くなってしまいます。

 

今では便利なプロペシアやミノキシジルといった発毛剤があり治療薬で回復する方も多いのですが、
満足に回復出来ない方にはクリニックで自毛植毛を受けるのも
確実に髪の毛が増えるという意味で選択肢の一つかもしれません。

 

 

自毛植毛はAGAの影響を受けにくく、
薄くなりにくい毛後頭部や側頭部などの元気な髪の毛を移植するため、
てっぺんの薄毛が進行していても十分に回復出来るのです。

 

 

プロペシアやミノキシジルといった内服薬や外用薬は常に使い続けないと効果が続かないので、
トータルで見ればランニングコストは高くなる場合があります。

 

対して、自毛植毛ははじめに高額な治療費を支払えばメンテナンスの必要はありませんし、
薄毛を抜本的に克服出来るのでAGA治療の中でも今では注目の治療法の一つなのです。

 

個人の薄毛の進行具合によって異なるものの、
頭頂部の自毛植毛にかかる費用の目安は以下になっています。

 

 

メスを使うFUT法による自毛植毛:2000グラフト(160万円〜190万円)
メスを使用しないFUE法による自毛植毛:1500グラフト(160万円〜190万円)

 

頭のてっぺんがカッパのように激しくハゲており、
その状態を自毛植毛で克服するには100万円以上の費用を支払わなければなりません。

 

「これだけの費用を一括で支払うのは難しい」と考えるかもしれませんが、
多くのクリニックではメディカルローンや分割払いが可能となっております。

 

 

数百本の移植でも症状によっては満足のいく効果を得られる

 

頭のてっぺんの薄毛を克服するために、
一般的に自毛植毛では160万円〜190万円程度かかります。

 

しかし、薄毛の症状がそこまで進行していないのならば、
数百本の移植でも十分な効果が得られる場合もあります。

 

「地肌が軽く透けている」
「てっぺんのボリュームが少し少ない」
という状態ならば、大量の本数を移植する必要はありません。

 

どの程度の本数の移植が必要なのか自毛植毛の場合、素人では判断できないので、
無料の画像診断サービスを実施しているクリニックもあるので、
一度信頼できるクリニックへ行ってみることをおススメします。

 

 

少ない本数の自毛植毛ならば、TOMクリニックがおすすめ。

 

TOMクリニックでは、500グラフトの移植であれば
基本治療費を合わせて34万円という格安の費用で受けられます。

 

安さだけではなく最先端のロボットのARTAS(アルタス)植毛を採用しているので、
移植本数の少ないてっぺんの自毛植毛はTOMクリニックへと相談してみてください。

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ