MENU

自毛植毛の後の健康診断について

自毛植毛は一応、手術の一種です。
健康診断の手術の申告欄に記入するべきでしょうか?

 

実は、自毛植毛の手術は、術後数か月が経っていれば、
特に問題がないのであれば申告する必要はありません。

 

但し、手術して日が浅いのであれば、申告した方がよいこともあります。
植毛後すぐに血液検査をすると数値に影響が出ていることがあります。

 

自毛植毛は自分の髪の毛を移植するので拒絶反応が起こることもほぼないですし、
異物をいれた場合と違って、自分の体の一部なので副作用の心配もないです。

 

しかし、手術である以上、小さくても体に傷をつけることに変わりはなく、
炎症反応として白血球の数値などが通常の場合よりも高くなることがあります。

 

また、縫合した部分を掻いてしまったりすると、副作用や拒絶反応はなくても、
ばい菌に感染して化膿してしまうこともあります。

 

たいした手術ではないと侮ってはいけません。
こうした傷については病院で抗生物質が処方されることもあります。

 

 

薬の作用で血小板が減少したり、GOTやGPTのように数値が上昇するものもあります。
こうした数値の変化にも個人差があり、健康診断で問題とされると決まっているわけではありませんが、
そうしたこともあると心に留めておくことは大切です。

 

健康診断で自分が植毛手術を受けたということを公にすることが躊躇されるのであれば、
術後1か月以上経ってから健康診断を受けることをおすすめします。

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ