MENU

自毛植毛の失敗例

植毛とは、実は歴史が古く、長い歴史を持つ薄毛治療法です。
少し前まではは人工の毛を使って植毛されていましたが、
今では自分の髪の毛を毛根ごと移植する方法が主流になりました。

 

人工毛と違い仕上がりが自然な感じになりますし、
自分の毛根なので成長し続けるのが魅力です。

 

現在は技術が良くなったので自毛植毛における失敗やデメリットが少なくなってきましたが、
それでも体験者の中には、少なからず結果に満足出来ない方もいます。

 

ここからは、自毛植毛の3つの不満点を解説します

 

 

1。結果的に.仕上がりが不自然になってしまった

 

主に生え際の植毛にありがちな不満点です。
生え際は仕上がりが不自然になりやすいのです。

 

毛流れや濃さ、高さなど精密に判断した上で移植しないと、
見た目がカツラのような不自然な状態になってしまいます。
植毛した部分は元気なのに、その後ろ側が薄くなったりすると不自然ですよね
これは医師が持つ技術に大きく関係してくると言われています。

 

ただし、以前の人工毛の植毛と比較すれば、自分の髪の毛を移植する自毛植毛に関しては、
酷く不自然になる事は少ないと言われています。

 

自然な生え際にするには、「真っ直ぐ一直線ではない」「密度濃さが他と違わない」こと。
この辺が重要になります。

 

また、植毛後に更に脱毛が進行してしまい、植毛部分と自分の髪の部分の間に
薄くなってしまう部分が出来る場合もあります。

 

後頭部のドナーが豊富にある場合、万が一不自然に薄い部分が出来た場合は
再度植毛手術を受けなければならない場合もあります。

 

自毛植毛前のカウンセリングの段階で症例写真などを多数見せてもらい、
不自然にならないかと質問してみると良いでしょう。

 

実績のあるクリニックであれば症例数も豊富で生え際の施術例など多数紹介してくれます。
実際に症例写真を見てみて失敗だと感じるレベルの不自然な例があれば、
一度、そのクリニックでの施術について考える時間を取ってみると良いでしょう。

 

 

2.傷跡が残って目立ってしまう

 

傷跡が残って目立つケースは自毛植毛の失敗例で1番問題になるケースです。

 

自毛植毛は後頭部や側頭部の毛を持ってくる施術ですが、当然その際に傷が出来ます。
今でもドナー(移植する毛根)は皮膚ごと毛を採取する方法が主流です。
毛を採取する際に後頭部に縦数ミリ横数センチの傷跡が残ってしまうのです。

 

このため、採取した部分を刈り上げたり坊主頭にすると傷跡が見える恐れがあります。
これを失敗だと感じる人が多いようです。
せっかく植毛したのだから坊主にする必要もないし
後頭部を刈り上げられないからと今後の生活に困る事は無いので問題はないのですが・・・。

 

美容室や床屋で美容師にカットしてもらう際に気づかれるのではないかと心配する人も多いようですが、
実際には手術後半年もすればかなり薄れるので気づかれない事が多いようです。
仮に気づかれても気にしなければ問題ありません。

 

また最近では切らない自毛植毛と呼ばれる方法もあります。
ドナーを皮膚ごと採取するのではなく、細かく円筒状になった器具で毛根と毛をくり抜くのです。
そうすれば線上の傷跡は残らず、細かい斑点上の傷が残ります。

 

これも又、日が経つと目立たなくなっていきますので、
線上に採取する方法よりもさらに傷跡は目立たない状態となります。
AGAルネッサンスクリニックやアイランドタワークリニック、
親和クリニックで行われている最新の自毛植毛です。

 

 

3.定着率が悪くせっかく植毛しても抜けてしまう

 

以前から多くみられる自毛植毛の失敗談の筆頭は定着率です。
植毛した毛が何パーセントが定着するか、その後健康的に伸び続けてくれるか?

 

これは自毛植毛の施術が成功かどうかを判断する上で非常に大切です。
定着率が2〜3割程度でば植毛をした意味がありません。

 

現在では「切る自毛植毛」や「切らない自毛植毛」など最新の技術が大手のクリニックでも定着してきており、
移植毛の定着率も9割を超えるのが一般的になってきています。

 

採取した毛と毛根を可能な限り生きた新鮮な状態で移植する技術が確立されています。

 

以前はドナーを採取する時間が長かったり、また採取したドナーを移植する時間も長く、
ドナーが死滅して定着率が悪くなる傾向にありました。
しかし、現在は採取から移植までの保存時間が短く、ドナーが生きた状態で移植が可能となっています。

 

定着率に関しても人工毛の頃から自毛植毛に変わった事で飛躍的に高くなったと言われています。
移植した髪の毛は半永久的に生え続けると言われており、
歯が抜け落ちる老年期になったとしても移植した髪の毛は元気に生え続けている事でしょう。

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ