MENU

自毛植毛のデメリット

このページからは自毛植毛のデメリットについて解説します。

 

まず、自毛植毛の施術方法は大きく分けて2つあります。
この2つの方法の特徴をよく理解したうえで、読み進めてください。

 

FUT法(Follicular Unit Transplantation)
後頭部から横長の帯状に毛根ごと皮膚を切り取り、株を1つの毛穴ごとに切り分けて移植する。「通称:切る自毛植毛」

 

FUE法(Follicular Unit Extraction)
後頭部をパンチという直径数ミリの円柱状の器具で毛根単位で抜き取り、そのまま移植する。「通称:切らない自毛植毛」

 

 

デメリット1・・・自毛植毛は移植できる本数に限りがある

 

外科手術なので、体への負担を考えると1度に移植できる本数に限りがあります。
ただし、このデメリットに関してはFUE法が確立されたことにより大幅に改善されています。
今では1回で1万本もの移植を成功させるクリニックも出てきています。

 

 

デメリット2・・・傷跡が残ってしまう

 

以前は施術後に傷跡が残ってしまうデメリットがありましたが、
このデメリットもFUE法と呼ばれるメスで後頭部の皮膚を「切り取らない施術」が普及した事で、
デメリットとしての考えられなくなってきています。

 

現在もFUT法と呼ばれる後頭部や側頭部の皮膚を切除する植毛法をメインに行うクリニックは多いですが、
その場合は幅数ミリ程度の線上の傷が残る事となります。

 

その場合でも坊主にしなければ分からないし、傷跡も年々薄まって分からなくなっていくことが殆どです。

 

 

デメリット3・・・まぶたや顔全体が腫れる

 

術後の副作用として顔やまぶたが少しだけ腫れることがあります。
次第に引いていく一時的な副作用だとされていますが、長引くケースもあるようです。

 

 

デメリット4・・・手術時間が長い

 

本数によりますが外科手術なので3時間から7時間くらいは手術時間が必要です。

 

 

デメリット5・・・自毛植毛の費用は高額

 

自毛植毛の費用は高額です。
ただ、術後のメンテナンス費用や手間がかからない事を考えれば、
総額で考えればウィックや他の治療とそんなに変わらないかもしれません。

 

但し、初回の費用が本数にもよりますが約100万前後かかるので覚悟しておく必要があるでしょう。
ただ、簡単なM字修正程度であれば、クリニックによっては30万くらいでおさまる事もあります。

 

 

デメリット6・・・術後の就寝時に制約がある

 

後頭部を切除するFUT法にしろ、パンチという器具でくり抜くFUE法にしろ、
術後の後頭部にダメージがあります。

 

就寝時に後頭部を枕に付けられないという制約が約1週間続きます。

 

 

デメリット5・・・密度が足りないため最低2度くらいは施術が必要

 

以前の自毛植毛では一度の施術で30%程度が限界であり、
そのため期間をおいて2度3度と手術を重ねる必要がありました。

 

そうしないと密度が薄かったのです。
しかし、FUE法によれば1度で50%近く移植する事が可能となり、
状態によっては1度の施術で済むケースも増えてきています。

 

一般的に50%の密度があれば薄毛が目立たないと言われています。
平均すると施術数は1人当たり1.○回だと言われています。

 

中には少量ずつ植毛し、数十回も手術を受ける患者さんもいるそうです。そういった患者さんも含めての平均回数です。

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ