若さの秘訣『女性ホルモン』と『成長ホルモン』とは

みずみずしい肌のカギを握るのが、女性ホルモン(エストロゲン)と成長ホルモンです。

 

 

卵巣から分泌されるエストロゲンは、肌の弾力を保つコラーゲンを増やし、
肌の水分を保持する作用があります。

 

このホルモンは、女性の若さや美しさを維持するために不可欠なのです。

 

エストロゲンは妊娠 ・出産のためのホルモンなので、
20代のころにもっとも多く分泌されます。

 

しかし30代後半から徐々に減り始め40代になると急激に減少します。
そのため40代以降になると、コラーゲンも減少し、 肌老化が加速するのです。

 

また、無理なダイエツトや不規則な生活などが続くと
エストロゲンは減少し、肌老化が早まってしまうことも。

 

しかし、薬などでエストロゲンを増やすことは、発ガンなどのリスクも伴い、
安易にはできません。

 

エストロゲンを減らさないために規則正しい 睡眠やバランスのよい食事などを心がけましょう。

 

 

一方、成長ホルモンは脳下垂体から分泌される、文字どおり人間の成長にかかわるホルモンです。

 

コラーゲンの産生など、肌の新陳代謝にも重要な役割を果たしています。
成長ホルモンは10代まではさかんに分泌されるため、
体はどんどん成長し、肌の新陳代謝は活発です。

 

身長ののびは17、8歳くらいで止まりますが、肌は30代くらいまでゆっ くりした速度で新陳代謝が行われ、
コラーゲンも新しく生まれ変わっています。
こちらも40代をすぎたころから、分泌量がガクンと減少します。

 

そして新陳代謝が衰えるため、肌老化も進行します。
成長ホルモンの分泌を促すのは、規則正しい睡眠や適度な運動などです。

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ