しわ対策で強化すべきは『うるおいケア』より『スプリングケア』

しわ対策で強化すべきは『うるおいケア』より『スプリングケア』

 

しわ対策で強化すべきは『うるおいケア』より『スプリングケア』

 

 

乾燥するとしわになるという誤解

 

「最近、乾燥のせいでしょうか、目元に急に小ジワが目立ってきたんです。保湿クリー ムを塗つているんですけど……」 。
そんな相談が、クリニックに毎日のようにもち込まれ ます。

 

どうやら『肌の乾燥=シワになる』というのが定説となっているようです。

 

でも、女性が気にするシワの多くは肌の乾燥ではなく、
加齢によって肌の奥の真皮にあるコラーゲンが減少することが原因。

 

だから肌表面にうるおいを補う「保湿」だけでは、シワは改善しないのです。

 

 

肌の『スプリング役』を担うコラーゲンがシワ対策のカギ

 

コラーゲンの主な役割は真度で網目状のネットワークをつくり、
いわばベッドのマットレスのスプリングのように肌の弾力を支えることです。

 

ところがコラーゲンは、加齢で量が減ったり変性したりしてスプ リング構造を保てなくなります。
それはスプリングの壊れたマットレスが凹むのと同じこと.
肌表面に深いシワが現れることになります。

 

加齢によるシワ対策にはコラーゲンを増やして、
肌のスプリング構造を強化すること が何より大切です。

 

 

小じわは保湿で薄くなる?

 

深いシワはコラーゲンが減ることでできるとしても、
初期の小ジワは乾燥が原因だから、 保湿すれば改善するとよくいいます。
しかし保湿で改善するシワとは、見えるか見えないかのごく 薄いものです。

 

ではどこまでが乾燥によるシワでどこからが真皮のシワなのでしょう 。
入浴後に鏡を見て、消えているのが乾燥によるシワです。

 

このサイトでは、明確に区別するために、 乾燥によるものを「ちりめんジワ」と呼びます。

 

真皮のシワのうち、 浅いもの、つまりセルフケアで改善しうるものを「小じわ」と呼びます。

 

肌のスプリング=コラーゲンは化粧品によるアプローチで効率よく増やすのが正解!

 

コラーゲンを食べても飲んでも肌のコラーゲンにはならない

 

シワ予防には肌のスプリング=コラーゲンを増やすケアが有効です。
では、どうすれば肌のコラーゲ ンを増やせるのでしょう。

 

世間ではコラーゲンを食べたり飲んだりす ると『ぷるぷる肌になる』と、まことしやかに語られています。
たしかにコラーゲンをとれば、肌のコラーゲンが増えそうな気がします。

 

しかし、食べたり飲んだりしたものが、そのまま肌に定着することはありません。

 

鶏肉を食べても、鶏にならないのと同じこと。
いくらコラーゲンをとっても、それがそのまま肌のコラーゲンになるわけではないのです。

 

コラーゲンなどのたんぱく質は、すべて消化されてアミノ酸になり、小腸から吸収されます。
炭水化物、脂質なども含めさまざまな栄養素が消化吸収され、
必要に応じて、骨、 筋肉、皮膚、脂肪などいろいろな組織がつくられます。
何をどれくらい作るかはホルモンがコントロールしています。

 

 

肌のコラーゲン を維持する女性ホルモンは30代から減り始め、閉経とともに急激に減少します。
そうなると、 残念ながらいくらコラーゲンをとっても、コラーゲンをつくる材料であるアミノ酸をとっても、
肌のコラーゲンがどんどん増えるということはなくなります。

 

材料はあっても生産する力がないからです。

 

 

しわ対策で強化すべきは『うるおいケア』より『スプリングケア』

 

コラーゲン化粧品ではなく増やす働きのある成分を

 

世間ではコラーゲン入り化粧品も人気があり、
肌に直接コラーゲンを塗ればコラーゲンが増えると思う人が多いようです。

 

しかし、残念ながらコラーゲンは分子が大きいので、塗っても肌の奥の真皮にまで浸透しません

 

化粧品に入っているコラーゲンは、主に魚などからつくられています。
仮に肌に浸透し たとしても、人間の体は本来、自己以外のものを受け付けないので、
私たちの肌のコラーゲンとして定着することはありません

 

ただし、化粧品に使われているコラーゲンは、角層の水分を保つ作用があり、
保湿成分としては有効です。

 

では、シワ対策にもっとも有効な方法は何でしょうか。
それはコラーゲンを増やす成分の入った化粧品を取り入れること。

 

コラーゲンを増やす成分は、いくつかありますが、
実際に効果が高いとされているのはビタミンC誘導体
ナイアシン(ビタミンB3 )レチノール(ビタミンA)など。

 

これらの成分は真皮まで浸透してコラーゲンの生みの親である
「線維芽細胞」の働きを活性化させコラーゲンがつくられるのを促します

 

 

肌のコラーゲンを増やす代表的成分

 

ビタミンC誘導体
ビタミンCは、そのままでは肌に吸収されにくいため、肌に入りやすい形に変えたものです.
体内のコラーゲンの合成に必要な成分で、美自作用や皮脂抑制作用、抗酸化作用など、
さまざまな効果をあわせもつ万能選手。

 

選び方のポイント
クリームより水に配合したほうが安 定しやすいため、化粧水で使うのが好ましいといえます。
いくつか種 類がありますが、中でも「リン酸アスコルビル」や
「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)は浸透力が高くて有効です。
表示を確認して購入するとよいでしょう。

 

 

使用のポイント
朝晩のスキンケアの際に、顔全体に使いましょう。
美顔器によって肌の奥まで有効成分を浸透させる「イオン導入」を、
週1〜2回程度行うのも効果的です。

 

ビタミンCをつけると刺激を感じたり、 肌が乾燥しやすくなったりするという人は、
ナイアシンを使うのがおすすめです。

 

 

ナイアシン(ビタミンB3 )
ビタミンCと同様、水溶性のビタミンの一種です。
コラーゲンの合成を高め、肌代謝を活性化し、肌にハリを与えます。

 

ビタミンC誘導体やレチノールに比べて刺激が少ないので、肌が弱いけれど
エイジングケア化粧品を試してみたいという人に向いています。

 

選び方のポイント
水溶性の成分なので、化粧水や 水性タイプの美容液に配合されることが 多いようで す。

 

使用のポイント
朝晩のケアに顔全体に使いしましょう。

 

 

レチノール

 

ビタミンAの一種で、人間の体内にもあるもの。
肌のターンオーバーを促し、コラーゲンを増やす作用があります。

 

目元の小ジワや浅いシワにとくに効果的。
法令線や額のシワなどの深いシワに使うこともできますが、
深いシワだと目に見える効果を出すのは難しいかもしれません。

 

また、効果が高い半面やや刺激が強いので、肌が弱い人は注意して使いましょう。

 

選び方のポイント
油溶性なので美容液、ク リームなど、とくにアイクリームに配合されているものが多いようです。
シミにも有効な成分です。

 

使用のポイント
肌がカサつくこともありますが、使っているうちに慣れることが多いようです。
どうしてもカサついてしまう人は、レチノールでなくビタミンC誘導体か
ナイアシンを使いましょう。

 

日光に当たると効果が弱まるので、ナイトケア時に使うほうが効果的。
朝使う場合は上からファンデーションを重ねるとよいでしょう。

 

古くなった角質を落とすピーリングを行ったあとに使用すると、より浸透率が高まり効果的です。

 

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ