シミ対策には本物の美白化粧品を使うこと

シミ対策には本物の美白化粧品を使うこと!!
イメージで選ばず、美白成分を必ずチェックしましょう。

 

シミ対策には本物の美白化粧品を使うこと

 

化粧品のパッケージが自っぽかったり、
『ホワイト〇〇』というような商品名だったりすると、美白化粧品と思い込んでいませんか。
いかにも美白効果がありそうなイメージの化粧品でも、美白成分が含まれていないものもあります。

 

そのため美白化粧品を選ぶ際には、必ず美白成分が入っているかどうかチェックしましょう。
成分がわかりにくい、どんなものを選んだらよいか迷うという人は、
「医薬部外品」を選ぶのもひとつの方法です。

 

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置し、
厚生労働省が有効性を認めた成分を配合したもの。

 

美白用の医薬部外品であれば、必ず美白成分は入っており、
「日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ」と効能が表示されることが認められています
(今後、シワに対する効能の表示も追加される予定です。)

 

ただし医薬部外品のほうが必ず効くかというとそういうものではなく、
医薬部外品でなくても きちんと美白成分を含んでいるものももちろんあります。

 

 

シミ対策に欠かせない美白化粧品は、どんな働きをするのでしょうか。
紫外線を浴びると、肌の中でメラエン色素がつくられ始めますが、それを抑えるのが美白成分です。

 

美白成分は毎年開発されるため、新しいのほど効果があると考えがちですが、
必ずしもそうとはいえません。

 

たとえば、病院で使われる医薬品は過去に発表されたものよりも効能が勝つていなければ、
新薬として認可されませんが、化粧品にはそういう制限はありません。

 

よつて「新しい=過去のものより効く」とはいえないのです。

 

数ある美白成分の中でどれがよく効くかは一概にいえないですが、
皮膚科の分野でよく使われるのは、ビタミンC誘導体、コウジ酸、
ハイドロキノン、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などです。

 

 

医薬部外品に使われている美白成分

 

ビタミンC誘導体
リン酸型ビタミンCなど、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。
抗酸化作用があり、シミだけでなくニキビの炎症を抑え、毛穴の開きやシワなどのエイジングケアにも有効。

 

エラグ酸
いちごから抽出された成分で、チロシナーゼ抑制作用がある。

 

エナジーシグナルAMP
シミ、ソバカスなどの根本原因に、
皮膚細胞のエネルギー代謝の低下が関係することに着目し開発された成分。

 

ルシノール
北欧のもみの木に含まれる成分をヒントにしてつくられた成分。
チロシナーゼ抑制効果がある。
ルシノールは商標名で、化学名は「 4-n-ブチルレゾルシノール」

 

カモミラET
ハーブのカモミールに含まれる成分。
抗炎症作用を持つ。

 

 

m-トラネキサム酸
抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を、美白成分として開発したもの。

 

 

D-メラノ        
ナイアシン(ビタミンB3)のこと。
メラニンの過剰生成を多方面から抑えつつ、メ ラノサイトから表皮細胞の受け渡しをブロックする。

 

TXC
トラネキサム酸セチル塩酸塩のこと。
肌内部でメラニンの過剰な生成が始まるときに起こる主要因子の連鎖反応を食い止める。

 

 

アルブチン
元々はコケモモから抽出された成分。
メラニン色素に作用するチロシナーゼ抑制作用がある。

 

 

マグノリグナン
植物に含まれる天然化合物をモデルにしてつくられた成分。
チロシナーゼの成熟を阻害する働きがある。

 

 

こうじ酸
みそやしょうゆなどコウジ菌由来の成分。
チロシ ナーゼ抑制効果がある。

 

 

リノール酸
サフラワー(紅 花)油などの植物油から抽出され、チロシナーゼ抑制効果がある。

 

4MSK(4−メトキシサリチル酸カリウム塩)
慢性的なターンオーバーの不調に着目して開発された成分。
角化を正常にするために働くほか、メラニンの抑制作用もある。

 

 

プラセンタエキス
豚の胎盤から抽出された成分。チロシナーゼ抑制効果がある。

 

 

油溶性甘草エキス(グラブリジン)
甘草(カンゾウ)という漢方薬から抽出した成分で、消炎作用もある。

 

 

ハイドロキノン
欧米では「美 白=ハイドロキノン」といわれるほどポピュラーな成分。

 

肌への刺激性があるということで、 日本では使用が禁じられてい たが 、
2001年の規制緩和で化粧品への配合が可能に。
チロシ ナーゼ抑制効果があるが、濃度が高いと肌への刺激が若干強い。

 

 

医薬部外品とは?
医薬品と化粧品の中 間に位置するもの。
ある種の効能をもつ成分を配合するなどの基準を満たしたものが
医薬部外品として認可されます

 

美白成分は人によって相性があり、どの成分がとくに効いて、
どれが刺激が強い成分かなどは一概には言えません。

 

そのため自分の肌で試して確認しながら選ぶのがベストなんです。

 

 

美白化粧品は一年中使うべき
シミができてからではなく予防的に使う。

 

シミが目立ってくるとあわてて美白化粧品でケアを始める人が多いようです。

 

しかし、美白化粧品はこれからつくられるメラニン色素を減らすように働くもの。
できてしまっ たシミを、漂白剤のように白くできるわけではありません。

 

美白化粧品はシミができてからではなく、シミが つくられないよう予防的に使うものと心得ましょう。

 

予防的なものなので、美自化粧品は年間通して顔全体に使ったほうがよいのです。
シミ というと紫外線のイメージがあるためか夏ごろに美白化粧品のCMがぐんと増えますが
夏だけ使えばよいというものでもありません。

 

それをふまえて美白化粧品の選び方を考えてみましょう。
美白化粧品には化粧水、美容液、クリーム、パックなどさまざまなものがあり、
何を使えばよいか迷ってしまうかもしれません。

 

毎日、顔全体に使うものですから、ベタつかず、軽いテクスチャーの美容液がよいでしょう。

 

また価格的にも続けられる範囲のものを選びましょう。
短期的に使う美白マスクやシミの部分だけに使うスポット美容液もありますが、
紫外線でできたシミをそれらの化粧品で薄くすることは難しいのです。
実際にはシミの種類によってもケアの方法は異なります。

 

 

あらゆる肌老化を制す『ピーリング化粧品』を取り入れる。

 

ピーリング化粧品・・・古い角質を除去し肌の再生を促す。

 

肌老化は、年齢とともに遅くなるターンオー バーと深い関係があります。
肌のターンオーバーが遅くなると表度はやせて薄くなり、
死んだ角質細胞の層がどんどん厚さを増し肌をくすませます。

 

メラニンを排せつする作用も低下するため、シミやくすなも出やすくなります。

 

こうした肌老化にトータルに働きかけるのがピーリングです。
ピーリングとは、酸などを使って古くなった角質を取り除き、
肌の再生を促す美容法です。

 

ピーリングによつて肌の代謝がアツプし、肌に若返り効果が生まれます。
真皮のコラーゲンを増やし、できてしまつたメラニン色素の排せつを促す作用もあります。

 

その結果、シワ、たるみ、くすみ、シミ、毛穴の開きなど、
あらゆる肌老化の改善に効果を発揮するのです。

 

ピーリングというと、 何となく怖いイメージがある人もいるようです。

 

でも、最近では安全な方法が確立され、 皮膚科ではニキビ、
ニキビ跡、シミ、シワなどさまざまなものの治療にピーリングが導入されています。

 

家庭用の肌にやさしいピーリング化粧品もたくさん出ています。
ピーリングを週に2回、定期的に取り入れることをおすすめします。

 

 

ピーリング剤は洗い流せるタイプがおススメ

 

市販のピーリング剤にもいろいろな種類があります。
角質をこすつてポロポロと落とすゴマージュやスクラブ、拭き取リタイプのものは、
肌を摩擦して傷めてしまうことがあります。

 

肌にやさしい洗い流すタイプのものを選ぶとよいでしょう。

 

市販のピーリング剤は皮膚科で用いられるものよりも濃度が低いので、
さほど危険はありません。

 

ただし使用してみて強い刺激を感じたり、赤みが出たりしたら、使用を中止し てください。

 

ホームピーリングで効果を上げる3箇条

 

1.肌に赤みが出たらストップ。
刺激を感じたら少し弱めるようにして使う。

 

2.ピーリング後は、保湿をしっかり。
マッサージやパックなど肌に刺激を与えそうなケアは2、3日控える 。

 

3.紫外線の 影響を受けやすくなるので、外出時には紫外線対策をしっかりと。

 

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ