紫外線対策は日焼け止め化粧品よりパウダーファンデーション

 

紫外線対策は日焼け止め化粧品よりパウダーファンデーションがお勧めです。
肌に優しく、確実なUVカット効果があります。

 

UVケアといえばまっ先に思い浮かぶのが日焼け止め化粧化粧品。
でも、過信は禁物です。

 

意外と知られていない落とし穴は、
「日焼け止めは適量の使用量をきちんと守らないと、期待する効果が得られない」ということ。

 

日焼け止めのSPFの数値は、皮膚1平方cmあたり
2mgの目焼け止めを塗ったときの効果として測定されています。

 

これは顔全体に塗るとすると500円玉くらいの量です。

 

この量を守ろうとすると、肌がベタついたり白浮きしたり大変。

 

実際には、その半分から5分の1程度しか塗っていない人が多いようです。

 

つまり、今よりも何倍も多く塗らないと、期待どおりの効果は得られないというわけです。

 

実際に、日焼け止めだけは毎日塗っていたのに40代になって大量のシミが発生し、
ショックを受ける人も少なくありません。

 

目焼け止めは薄く塗れば効果がなく、
厚塗りをすれば、毛穴をふさいで肌に負担がかかります。

 

汗で流れれば効果は落ち、ウォータープルーフは汗に強いけれど、肌に負担がかかる・・・。
といろいろな問題を抱えています。

 

結局、日焼け止めだけに頼って毎日の紫外線防御をするのは難しいということになります。
そこで日常の紫外線対策におすすめしたいのが、パウダーフアンデーション。

 

パウダーの粉の成分が紫外線をはね返し、日焼け止めと同様の効果を発揮します。

 

目焼け止めを毎日塗ると肌に負担になりやすいので、
その代わりにパウダーファンデーションを使ったほうが肌に負担をかけず、
確実にUVカツトできます。

 

また、塗り直しも簡単です。

 

ちなみにリキッドやクリームファンデーションでもある程度はUVカット効果は得られますが、
パウダーフアンデーションに比べ ると顔料(粉)の密度が低いので、
日焼け防止効果はパウダーフアンデーションより劣ります。

 

 

ファンデーションには紫外線を跳ね返す力がある

 

ファンデーションには、一種の紫外線散乱剤を含むため紫外線防止効果があります。
とくにU∨カットなどの表示がないファンデーションでも、UVカット効果があるのです。
中でもパウダーファンデーションは、肌にやさしく確実に日々の紫外線を防いでくれます。

 

 

パウダーファンデーションでのUVケア3箇条

 

1.ファンデーションをつける前 保湿美容液やクリームなどでしっかり保湿ケアを行う。
2.保湿美容液やクリームが自分の皮脂と自然にまざるのを待ちファンデーションをつける。
3.崩れてきたらファンデーションではなくフェイスパ ウダーを塗り重ねる。

 

 

 

 

海や山などレジャーのときは日焼け止め化粧品を賢く活用

 

日々のUVケアには、パウダーファンデー ションがおすすめ。

 

でも、海や山など紫外線の強い場所に出かけるときは、
日焼け止めとパウダーフアンデーションのダブル使いで、万全の対策をとることが大切です。

 

注意点としては、日焼け止めは使用量を守らないとUVカット効果が低くなります。
ポイントは表示の適量をしっかり塗るこ と。

 

いろいろな目焼け止めが売られてい ますが、どう選んだらよいのでしょう。

 

ローション、スプレー、ジェルタイプなどは、
ベタつきや白浮きをしないため人気ですが、
ほとんどのものが肌の刺激となりやすい紫外線吸収剤を主成分としています。

 

吸収剤を含まないノンケミカルのものは、
クリームや乳液タイプの商品に多いようです。

 

ただしノンケミカルは肌を乾燥させることがあるので一長一短です。
自分の肌で試して選びましょう。

 

SPF値については、20を超すとUV遮断率にあまり大きな差はないので、
SPF値にこだわらず肌に合ったものを使いましょう。

 

敏感肌でどうしても日焼け止めをつけると肌が負けてしまうという人もいます。
そういう人は日焼け止めを使わずパウダーファン デーションをひたすら厚塗りにし、
帽子やサ ングラスを活用することで万全のUV対策ができます。

 

SPFとは

 

紫外線B波(赤くなってヒリヒリする日焼け=サンバーンを起こす)を防御する力。

 

何も塗らない状態と比べて、サンバーンを起こすまでの時間を何倍にのばせるかの目安です。
通常、夏の紫外線を浴びた場合、サンバーンを起こすま での時間は20分といわれます。

 

たとえばSPF30ならその30倍、つまり20×30=600分までのばせるという意味。
ただしこれは規定の量(皮膚1平方cmあたり2 mg)を塗ったときの値です。

 

 

PAとは
紫外線A波(真 皮にダメージを与えて老化を促進)を防御する力。
「十」の3段階で表示される。

 

十はやや効果がある
十十は効果がある
十十十は非常に効果があるという意味です。

 

 

 

ノンケミカルとは

 

日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があります。

 

紫外線吸収剤は肌の上で化学反応を起こすので、 刺激が強く肌あれを起こすことも。
紫外線散乱剤のほうがかぶれは少ないですが、 酸化チタンなど金属の粉を含むため
若干肌が乾燥しやすくなります。
吸収剤を含まない日焼け止めには 「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」という表示があります。

 

 

紫外線吸収剤とは
紫外線を吸収する化学物質の こと。
紫外線を吸収する際に、 肌の上で化学変化を起こすため、 肌への刺激になることがある。

 

 

紫外線散乱剤とは

 

紫外線を肌の上で反射させる物質のこと 。
金属や細かい粘土質の粉などが使われる 。
かぶれは起こしにくいが、 肌を乾燥させることも。

 

 

紫外線A波とB波

 

A波・・・真皮にまで到達し、コラーケンを破壊しシワ、たるみなどを促進する。
B波・・・A波に比べると比較的皮膚の浅いところにまでしか到達しないが、赤くヒリヒリと炎症を起こす原因に。
皮膚細胞の遺伝子DNAに傷をつけ、しみやしわの原因になる。

 

万全のUV対策が必要なシーン

 

紫外線対策は日焼け止め化粧品よりパウダーファンデーション


紫外線は春先から増え始め、6〜7月がピー クになります。
夏の海では、砂浜・水面ともに紫外線の反射量も多いので、
耳の後ろなどまですきのないU∨対策が必要です。

 

紫外線対策は日焼け止め化粧品よりパウダーファンデーション

 


山は涼しいので紫外線は少ないとイメージがありますが間違いです。
山は標高が高く、空気が澄んでいるので紫外線を浴びる量も多くなります。
涼しかろうが曇っていようが油断は禁物です。

 

紫外線対策は日焼け止め化粧品よりパウダーファンデーション

 

スキー場
草地や土の紫外線反射率は10%以下であるのに比べ、
新雪の紫外線反射率は80%というデータがあります。
スキー場での日焼けには要注意です。

 

 

生理前・妊娠中は念入りなUVケアを
女性の場合、生理前や妊娠中はホルモンの影響でシミができやすくなるので、
念入りな∪∨対策 が必要です。

 

ただし妊娠をきっかけにシミが増えてしまう人が多いのは
ホルモンの影響だけではないようです。
体調がすぐれないためスキンケアがなおざりになったり、
妊娠をきっかけに休職したことで、メイクしなくなることなどもシミができる原因に。
外出日時には、最低限ファンデーションだけは塗りましょう。

 

 

最強のUVケア3箇条

 

1.日焼け止めは頼骨のあたりを中心にしっかりと
2.パウダーファンデーションも厚塗りに
3.帽子や大きめのサングラスを使用

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ