正しい保湿とは

 

健康な肌の角質には約20〜30%の水分がありますが、
この水分が20%以下になると『乾燥肌』となります。

 

冬場などは空気中の水分が50%以下になると、角層の水分が
急激に蒸発し乾燥してしまいます。

 

肌が『つっぱる』などの自覚症状が現れてきたときには、
肌の水分量はわずか10%以下になっている場合もあります。

 

肌から水分が無くならないようにすることが『保湿』の役割です。

 

ただし、人の肌には元々水分を維持する仕組みがあります。
その機能は、年齢を重ねるごとに低下してゆくので
それを補うのが本来の『保湿』のお手入れの目的です。

 

『化粧水=保湿』というわけではありません
肌に水分を与えるのは化粧水と思われがちですが、
水そのものを与えても蒸発してしまうので保湿にはなりません。

 

また、化粧水が蒸発しないように乳液で蓋をすれば大丈夫だと
考えている方も多いようですが、残念ながらそれも間違い。

 

実は油分の保湿力はさほど高くありません。
本当の保湿とは、体の外から水分を取り入れるのではなく、
体の内側から湧き出る水分を肌の中で保つようにサポートすることなのです。

 

 

『肌が潤う』とは

 

『肌が潤う』とはそもそもどのような状態をいうのでしょうか?
それは、肌がみずから『保湿成分』をつくり、角層内に
水分を蓄えておける状態のこと。
保湿成分がしっかり働いていれば湿度がどんなに下がろうとも
水分は蒸発しません。
保湿成分をつくる力が弱まると肌は乾燥するのです。

 

保湿力が優れている『セラミド』

 

 

角層の水分を保っている保湿成分には
『皮脂』・『天然保湿因子NMF』・『セラミドなどの角質細胞間脂質』
の3つがあります。

 

これらが助け合いながら、水分をキープしているのです。

 

角層の水分のうち80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が、
16〜17%が天然保湿因子が担っています。

 

皮脂の果たす役割は2〜3%と非常に小さく、水分を守る力はさほどありません。
セラミドなどの角質細胞間脂質が肌の水分を守る最大のポイントといえます。

 

本来、脂質は水とは結合しません。
しかし、セラミドは水と結合し、その水は湿度が0%になっても蒸発はせず、
気温がマイナス20度になっても凍らない性質を持っています。

 

セラミドはあらゆる環境に対応する、まさに保湿のスペシャリストなのです。

 

セラミドをたっぷり含んだ肌は、潤いに満ちています。
赤ちゃんの肌は、プルプルで潤いがたっぷりですよね。
実は赤ちゃんの肌は大人の肌に比べてセラミドの量がたっぷりだからなのです。

 

 

セラミドは角質の細胞と細胞をつなぐ役割もしています。
セラミドが水分を挟み込み、さらに細胞と細胞をしっかり接着しています。
だから肌は水分をキープすることができるのです。

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ