水分を挟み込むタイプの保水成分

水をサンドイッチのように挟み込み水分をキープする保湿成分。

 

1.セラミド
細胞間脂質の約40%を占めている。
水分を強力に挟み込んでキープする特性があります。
湿度が下がっても水分をキープすることができる最強保水成分です。

 

2.スフィンゴ脂質
セラミド以外の細胞間脂質。
保水性はセラミドより劣ります。

 

3.水素添加大豆レシチン
大豆から抽出される成分。

 

4.ステアリン酸コレステロール
セラミド以外の細胞間脂質。
保水性はセラミドより劣ります。

 

 

 

 

水分を抱え込むタイプの保水成分

 

真皮に元々ある成分などが良く使われます。
但し、これらを肌に使っても本来存在する真皮層までは浸透せずに
角質層の保湿に主に使われます。

 

1.ヒアルロン酸
真皮層にあるゼリー状の物質。
200〜600倍の水分を蓄えることのできる力があります。
敏感肌の方にもおすすめ。

 

2.コラーゲン
真皮では弾力を保つ働きをしていますが、
化粧品の成分として配合される場合、
保水成分となります。残念ながら分子が大きく
真皮層までは届きません。

 

3.エラスチン
真皮にある成分保湿能力が高いので
化粧品に配合される場合があります。

 

4.ヘパリン類似物質
血液中のヘパリンという成分に水分を含む能力があることから、
類似の成分を保湿成分として応用したもの。
医薬品にも使われている。

 

 

 

水分を掴むタイプの保湿成分

 

水分を吸収する性質がありますが、
冬場などの湿度が低下する時期には保湿能力は下がってしまいます。

 

天然保湿因子NMF(ナチュラルモイスチャーファクター)
角質細胞内にある水溶性の成分。
アミノ酸や尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)など
約20種類の成分で構成されています。
保湿力は強くないがサラッとしていて使用感が良いので
化粧水に使われることが多い。

 

PG(プロピレングリコール)、グリセン、1.3BG(ブチレングリコール)
多価アルコール。吸湿性に優れ、化粧品にはよく使われる成分。
保湿力はあまり強くない。

 

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ