たるみ解消法

たるみについて

 

『たるみ』はシワと同様老化が原因で真皮層のコラーゲンやエラスチンが変性し
肌の弾力を失うことで起こります。

 

コラーゲンの減少により肌弾力が低下したりコラーゲン同士のネットワークを
維持するエラスチンが減少したりすると線維全体のネットワークが崩れてしまいます。
このようにしてたるみは発生するのです。

 

 

たるみの種類・・・『たるみ毛穴』『涙袋』『二重顎』『ほうれい線』など

 

たるみ毛穴・・・初期のたるみ
頬などの毛穴の開きからたるみを感じ始めます。
若い時は、ハリのあるコラーゲンが毛穴を周りから支えていましだがコラーゲンの減少
によりそれが緩んでくると支えきれずに毛穴が開いてきます。

 

 

涙袋・・・目元の皮膚はもともと薄いものです。
その皮膚がたるみ、眼球の周りにある脂肪を支えきれずに、下瞼の皮膚がぷっくりと
膨らんだように見えるのが涙袋と呼びます。

 

 

二重顎・・・フェイスラインのたるみ。
体重が増えたわけでもないのに二重顎になるのはたるみの一種です。
頬から顎までの『顔の中で最も脂肪が厚い部分』でそれを皮膚が支えきれなくなると二重顎になります。

 

 

ほうれい線・・・よくシワと勘違いされますが、実はたるみが原因。
頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下組織がたるんで顔全体が下がってきているのです。
ほうれい線は化粧品などでのお手入れでは解消が難しく、
美容整形・美容皮膚科でのヒアルロン酸注入などでないと解決は難しいでしょう。

 

 

これら『たるみ』の原因は、コラーゲンの弾力が弱まって脂肪を支えきれず
たるんでしまうことです。

 

しわも『コラーゲンの変性』という意味では原因は同じです。
これらには『コラーゲンに働きかける化粧品』を毎日のお手入れに取り入れることをお勧めします。

 

 

『その他の要因のたるみ』・・・たるみには老化が原因でないものもあります。
例えば、皮下組織の脂肪細胞が大きく重なってしまうことや、血行やリンパの循環が低下して
むくんでしまうことなどが考えられます。

 

しかし『単なるむくみ』だからと放置していると、真皮の組織の機能低下につながると言われています。

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ